サイトマップ | 会員ログイン

トップページ > 学会誌のご紹介

学会誌のご紹介

現代ファイナンス

現代ファイナンス

 『現代ファイナンス』は日本ファイナンス学会とMPTフォーラムが共同で発刊する、ファイナンスとインベストメントに関する邦文の機関誌です。学者と実務家の協力によって、わが国のこの分野における研究を活性化し、金融および資本市場の発展に資することを目的としています。1997年3月に創刊号を発刊、以降毎年2号づつ刊行しております。
 ファイナンスとインベストメントの研究には近年、目覚しいものがあります。新たな評価モデルの続出、個人や企業の金融行動分析の精緻化、市場構造の解明、そして広範な実証分析等々が日進月歩で登場しています。しかもそれらはいち早く実務における金融商品や運用モデルの開発に直結しています。
 私たちは、金融や証券の研究がより一層深化されるべきだと確信しております。さらに、その成果が一般に発表されて、広く議論を巻き起こし、新たな研究を刺激することを期待しています。学者と実務家による協働と競争による研究と実証・実践、『現代ファイナンス』がそうした場になることをめざしております。

募集要項を見る
バックナンバー一覧を見る

International Review of Finance

「International Review of Finance」

International Review of Finance誌は、日本ファイナンス学会(NFA)とAsian Finance Association(AsianFA)が共同で発行するファイナンスに関する英文のjournal(研究雑誌)です。1998年、AsianFAと共同で開催した第1回国際大会の大成功を機に、会員相互・関係者から共同活動をさらに発展させたい、とくにアジア太平洋のみならず欧州を含むすべてのファイナンス研究者にひらかれた論文発表のjournalを創ろうという機運がおおいに盛り上がりました。
 これを受けてNFAとAsianFAは、数次にわたる検討会を経て、2000年3月に本誌第1号を創刊するのに至りました。これに伴い、NFAはこれまでの機関誌 Japanese Journal of Financial Economics を発展的に解消していくこととしました。
 IRF誌は、急進展する世界の資本市場、金融動向に関する重要な研究テーマに焦点をあわせたハイクオリティな国際的なjournalをめざして編集する一方、 発展する世界のファイナンス研究の最先端をフォローするため、事務局を日本、香港、米豪等に置き、投稿を募集しております。そして参加者、読者は、世界中の研究者と第一線の実務家たちであり、ファイナンスの理論、実証、応用において最新で優れた研究成果を掲載し、議論と研究交流を促進することを企図しております。
 NFAとAsianFAの両協会に加え、出版社Blackwellをはじめ多くの世界的企業のさまざまな協力を得て、創刊以来、年4回の発行予定で今日に至っております。

募集要項を見る

バックナンバー一覧を見る

予稿集

「予稿集」

 『予稿集』(proceedings)は、日本ファイナンス学会の年次大会における研究発表論文を掲載したもので、1999年第7回大会以来、毎年発刊されております。論文数は近年増大しつつあり、研究者の広がり、研究分野のひろがりは著しいものがあります。A4判で800ページに迫りつつあります。『予稿集』により最近の研究動向、なにをだれが研究しているかの一端を知ることができます。
 しかし、一論文当り掲載枚数が限られているためすべてがフルペーパーではありません。また事情により締切日に間に合わなかった論文は掲載されておりません。
 なお、『予稿集』は年次大会参加者にのみ手交されます。ただし、残部があれば実費程度で購入できます。

バックナンバー一覧を見る


トップページへ戻る