サイトマップ | 会員ログイン

トップページ > ニュース一覧 >学会誌『現代ファイナンス』の電子ジャーナル化についてのご報告

学会ニュース

学会誌『現代ファイナンス』の電子ジャーナル化についてのご報告

このたび、「現代ファイナンス」の発行は、2017年度の発行以降、J-Stage(国立の無料ジャーナル掲載支援システム)を通じた電子ジャーナルによる発行へ移行することになりましたことをご報告いたします。

「現代ファイナンス」の電子ジャーナル化については、これまで日本ファイナンス学会理事会内で検討され、2016年5月21日の理事会において承認されました。その後、移行の準備を進め、2016年8月末にJ-Stageより2017年度からの登載の承認を得ることができました。
電子ジャーナル化を行いました理由は、以下の3点です。
・PDF化・オープン・アクセス化による会員の利便性向上
・非会員も自由にウェブ上から検索・ダウンロードできるようにして、学会や掲載論文の社会へのプレゼンスを向上
・発行コストの大幅な削減

「現代ファイナンス」の新しい号の発行後1年間は、閲覧・ダウンロードをパスワード管理によって会員に限定します。そして発行後1年経過後は、J-Stageのウェブサイトより一般公開されます。また、2016年以前に発行された「現代ファイナンス」のバックナンバーのJ-Stageを通じた一般公開についても、逐次進めていく予定です。閲覧方法や閲覧パスワード等についてより詳しくは、2017年度の電子ジャーナルの発行が近づいた時期に改めてご案内いたします。
なお、特別賛助会員、法人会員へはこれまで通り、紙の冊子を無料で郵送いたします。一方、正会員につきましては、正会員への冊子の配布は停止し、各自、ウェブサイトからダウンロードしていただく形式になります。ただし、冊子の要望をいただいた場合には有料(実費)で郵送いたします。

電子ジャーナル化に伴い、執筆要項も改訂されました。今後投稿される方は、新しい執筆要項に基づいて投稿してください。

執筆要項→http://www.toyokeizai.net/corp/mpt/4-magagine/index.php#boshu



今後も引き続き「現代ファイナンス」をお読みいただきいただき、ご投稿をお待ちしております。
(2016年09月20日)

学会ニュース一覧へ