砂川伸幸

砂川伸幸

京都大学経営管理大学院教授

神戸大学大学院博士前期課程修了、経営学博士(神戸大学)。新日本証券、神戸大学経営学部助教授、同大学大学院経営学研究科教授を経て現職。主要著作は『日本企業のコーポレートファイナンス』(日本経済新聞出版社、共著)、『はじめての企業価値評価』(日経文庫、共著)等。主要論文は、“Callable Convertible Debt under Managerial Entrenchment”, Journal of Corporate Finance、“A theory of unwinding of cross-shareholding under managerial entrenchment”, Journal of Financial Research(Outstanding Article Awards in 2007)、『株式価値評価と現代ファイナンス理論』(商事法務2076号)等。

閉じる