清水克俊

名古屋大学大学院経済学研究科教授

東京大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学)。青山学院大学経済学部助教授等を経て現職。主要著作は“Did Amakudari undermine the effectiveness of regulator monitoring in Japan?”,Journal of Banking & Finance(共著)、 “Bankruptcies of small firms and lending relationship" Journal of Banking & Finance, "Adjusting denominators of capital ratios: Evidence from Japanese banks”,Journal of Financial Stability、『インセンティブの経済学』(有斐閣、共著)、『金融論入門』(新世社)、『国債危機と金融市場 財政運営へのインパクト』(日本経済新聞出版社)等。

閉じる